自動車保険の免責

スポンサードリンク

自動車保険の免責となるのは?

自動車保険で免責となる場合はどういったケースなのかまとめてみました。


そもそも免責とはどういった意味なのかというと、これは簡単に言うと自己負担という事になります。自動車保険に加入していれば事故が起きた時にも安心ですが、必ずしも全てのケースにおいて保険金が支払われるというわけではありません。特殊なケースの時には自動車保険は免責となり、保険金が支払われないという事がありますので、くれぐれもそういった状態にはならないように気を付けましょう。

自動車保険免責の状況


実際に自動車保険で免責となるのはどういった状況なのでしょうか。まず無免許運転・酒酔い・麻薬により正常な運転ができない状態ですが、これは言うまでもありませんね。これらのケースでは自動車保険が適用される事はありません。次に自動車の所有者に許可を得ずに運転した状態で起きる損害・障害です。

これらの状態では、自損事故保険・無保険者保険・搭乗者傷害保険が適用される事はありません。対人賠償保険・対物賠償保険は家族には適用されないという事も覚えておきましょう。他人の財物であったとしても、被保険者の管理下にある状態であれば対物賠償保険が適用される事はありません。自然災害の場合は自損事故保険・搭乗者傷害保険・車両保険の対象にはなりません。


これらが自動車保険で免責となる場合です。よく考えてみれば、これらの条件で保険金が発生する事が無いというのはすぐ分かるはずです。事故を起こさないようにするのが一番大事ですが、免責となるような状態で事故を起こさないように特に気を付けましょう。


スポンサードリンク